そもそも「できない」と弱みを見せることから、この仕事はスタートしている|株式会社HATCH代表取締役 本間綾一郎さん

*この記事はリクナビNEXTジャーナルに掲載されました。株式会社HATCHはrebornのクライアントです。 記事転載にあたり、HATCHさんの組織作りに関わっているrebornからも補足します。クリエイティブの業界で育休をとれる組織は珍しいと思います。それを可能にしたのは何よりも、HATCH社員の関係性が良好であったからです。この記事を読んで、組織作りは人と人の関係作りだと改めて気づかされました!

Read More

数字に「興味なし」、プレゼンは「苦手」…でも私が“トップセールス”になれた理由|鶴薗奈美さん

*この記事はリクナビNEXTジャーナルに掲載されました。鶴薗さんはrebornのメンバーです。 「何かが足りない…。もっともっと頑張らないと」 「うまくいかないのは自分に欠点があるから?」 仕事をする上で、こうした息苦しさや辛さを感じたことは誰にでもあると思います。そんな時、どのように向き合ったらいいのでしょうか。この連載では「自分の弱みは、誰かの強み」をテーマに、自分らしく自然体で働く人の働き方ストーリーをリレー形式でお届けします。

Read More

人に嫌われることが怖かった自分が、意志を貫けるようになったワケ|岩田佑介さん

*この記事はリクナビNEXTジャーナルに掲載されました。岩田さんはrebornのメンバーです。 「何かが足りない…。もっともっと頑張らないと」 「うまくいかないのは自分に欠点があるから?」 仕事をする上で、こうした息苦しさや辛さを感じたことは誰にでもあると思います。そんな時、どのように壁を乗り越えたらいいのでしょうか。

Read More

「やらされ感ゼロ」気持ちよく仕事を引き受けてもらうための「巻き込み方」とは?|田中 健士郎さん

*この記事はリクナビNEXTジャーナルに掲載されました。田中さんはrebornのメンバーです。 「自分の弱みは、誰かの強み」をテーマに、自分らしく自然体で働くストーリーをお届けするこの連載(→)。今回は、株式会社クラウドワークスで働く田中健士郎さんにお話しをお伺いしました。

Read More

「弱いリーダー」である僕が、いかにして「メンバーの強み」を引き出したのか|田中 健士郎さん

*この記事はリクナビNEXTジャーナルに掲載されました。田中さんはrebornのメンバーです。 「何かが足りない…。もっともっと頑張らないと」 「うまくいかないのは自分に欠点があるから?」 仕事をする上で、こうした息苦しさや辛さを感じたことは誰にでもあると思います。そんな時、どのように壁を乗り越えたらいいのでしょうか。

Read More

苦手な仕事を「できない」と言ってみたら「何が」変わったのか|古川芙美さん

  *この記事はリクナビNEXTジャーナルに掲載されました。古川さんはomsubiのメンバーです。 「何かが足りない…。もっともっと頑張らないと」 「うまくいかないのは自分に欠点があるから?」 仕事をする上で、こうした息苦しさや辛さを感じたことは誰にでもあると思います。そんな時、どのように壁を乗り越えたらいいのでしょうか。

Read More

クラウドソーシングは人を幸せにするのか?

*この記事はリクナビNEXTジャーナルに掲載されました。オムスビ代表、羽渕のコラムはこちら。 こんにちは、ハブチン(写真左)です。 “クラウドソーシングサービス”ってとても便利ですよね。皆さんは利用していますか? 翻訳、文字起こし、会計作業……などなど、様々な業務を手伝ってくれる働き手と、インターネットでマッチングしてくれるサービスです。しかしながら単純作業は、ロボットや人工知能、海外や地方の賃金が安い労働力などにより代替されて、作業単価が下がってきています。今後よりロボットや人工知能が普及にしていく時代に、人間はどうすれば代替されずに働けるのか?在宅派遣サービスを提供している株式会社キャスター代表取締役の中川祥太さんにお話を聞きました。

Read More

余計なルールは要らない。木村石鹸が実践する「許容するマネジメント」とは

*この記事はリクナビNEXTジャーナルに掲載されました。オムスビ代表、羽渕のコラムはこちら。 こんにちは、ハブチンです。 今回は、東大阪にある石鹸メーカー木村石鹸の木村祥一郎社長と、外資系消費財メーカーから同社に転職された峰松加奈さんのお二人にお話を伺いにきました。

Read More

「大企業病」につけるクスリはあるのか?

*この記事はリクナビNEXTジャーナルに掲載されました。オムスビ代表、羽渕のコラムはこちら。 面と向ってだと言えないこともある。だったら面と向かわずにインタビューしてみてはどうだろうか。好きな人に対面で告白はできないけど、メールなら告白できる現代人ならではの背中越しのインタビュー。

Read More

元カヤック 佐藤ねじ「辞め方のブルーパドル」とは

*この記事はリクナビNEXTジャーナルに掲載されました。オムスビ代表、羽渕のコラムはこちら。 面と向ってだと、言えない・聞けないこともある。 だったら面と向かわずにインタビューしてみてはどうだろうか? 好きな人に対面で告白はできないけど、メールなら告白できる現代人ならではの背中越しのインタビュー。 今回は2016年7月にカヤックを卒業した佐藤ねじさんに「会社を辞めるということ」について聞いてみた。(聞き手:ハブチン / 写真左)

Read More