複数の名刺を持つと、自分が何者かわからなくなりがち。 オムスビ冒険録LV.12

ハブチン
今日はパラレルワークをするにあたって、落ち入りがちな状況について見える化したいなと思います。先に言っておくと、この話は僕が悩んだ過去の実話です。

アカリ
よろしくおねがいします!

ハブチン
パラレルワークって複数の名刺を持つことになります。すると、しだいに自分が何者かわからなくなってきたんですよね。

アカリ
え。なんか中二病っぽいですね。

続きを読む

納得解を持つ人材を増やして、社会を変えていく。 オムスビ冒険録LV.11

アカリ
オムスビは、パラレルワーク(複業)されている方が多いですよね?

ハブチン
はい、オムスビは専業禁止で、全員パラレルワーク(複業)です。どのくらい働きたいかは、パートナーが自由に決めることができて、働いた時間だけ請求してもらう仕組みを採用しています。

アカリ
え?!全員複業だったら、マネジメント大変じゃないですか?

続きを読む

暮らすことで「自分のモノサシ」を見つける。暮らしとシゴトを近づける組織づくり オムスビ冒険録LV.10

アカリ
LV.9で、オムスビは、自分の価値観を持って納得解が出せる人が生きやすい組織に最適化していると聞きました。具体的にどのような組織にしているのですか?

ハブチン
はい、その鍵は「暮らしとシゴトを近づける」ことにあります。仕事も重要なのですが、そのためにもまずちゃんと暮らしてほしいんです。

アカリ
え?暮らしが仕事に関係あるんですか?

続きを読む

納得解はロジックだけでは導き出せない。 オムスビ冒険録LV.9

アカリ
納得解を出すために主観が重要だとおっしゃいましたが、どういう意味ですか?

ハブチン
はい、一緒に考えていきましょう。まずは業務の難易度について見える化しましょう。この図を見てください。目的(なぜやるか)・目標(何をやるか)・手段(どのようにやるか)という3つの要素で考えてみたいと思います。

続きを読む

正解のない局面で、共に納得解をみつけていく。 オムスビ冒険録LV.8

アカリ
LV.7でパートナーのピロコさんにも話を伺って、見える化することで働きやすくなることがわかりました。さらにオムスビをみえる化していきましょう!

ハブチン
次はオムスビの事業内容やクライアントパートナーへの提供価値を見える化できたらと思います。

続きを読む

周囲がととのってないと、オムスビが存在している意味がない。オムスビ冒険録LV.5

アカリ
オムスビの企業ポリシーは「周囲をととのえる」なんですよね。今日はそれについて詳しく聞いてみたいです。

ハブチン
はい、ぜひぜひ。ホントに何のために会社をやっているかというと、「周囲がととのう」ためですし、「周囲がととのってない」とオムスビが存在している意味がないと思ってます。

続きを読む

まずは企業ポリシーと経営ポリシーを見える化することから。オムスビ冒険LV.4

ハブチン では、オムスビの見えない文化や空気を見える化していきましょう。そこで重要になってくるのが企業ポリシーと経営ポリシーなんです。この2つのポリシーがすべての活動の軸になっていくので。他社では企業理念や経営理念という言い方をするのですが、オムスビではポリシーという言葉を使わせてください。アカリえ??いっぱい言葉が出てきた。ちょっと色々質問したいことがあるのですが、、、

続きを読む

見えない空気が組織に影響を及ぼす。オムスビ冒険録LV.3

アカリ前回からのお話を通して分かったんですけど、オムスビだけでなく組織って分かりにくいんですね。自分が働きやすくするためにもオムスビの見える化をしたくなりました。でも、組織の見える化って具体的にどうするのかが分からないです。ハブチン そうですよね。
『見えているもの』と『見えていないもの』があるのでそこを見える化していきましょう。

続きを読む