オムスビ冒険録は、新しくメンバーになったアカリによる、組織の文化や仕組みを記した物語です。実際のオムスビメンバーと対話しながら、組織の文化や仕組みを見える化していきます。組織の見える化に興味がある方、オムスビのメンバーとして一緒に働きたい方は、冒険録をお読みいただきながら一緒に冒険を楽しみましょう。

アカリ
元々、ハブチンさんって、研修のファシリテーションのお仕事をされていらっしゃったんですよね。

ハブチン
はい、してましたね。

アカリ
でも今は組織の見える化をされていらっしゃるじゃないですか。それは何故なんですか?

ハブチン
それは研修の限界みたいなものを感じたからですね。

アカリ
限界。

ハブチン
僕がやってきた研修って、新しいことに挑戦する人が増える様なワークショップだったんですね。それで実際、挑戦マインドやアイデアが変わる人もいらっしゃいました。そこまではよかったんですが、そこから問題で。

アカリ
どんな問題があったんですか?

ハブチン
結局、通常業務に戻ると挑戦マインドやアイデアを活かす場がなくて。モヤモヤされる方が増えてしまい、この会社では新しいことはできないと辞める人も出てきたんですよね。

アカリ
企業様から研修費をいただいて、社員を辞めさせてるじゃないですか!

それはまずいですね!

ハブチン
はい、まずいです(汗)

アカリ
何してるんだって話ですね。

ハブチン
ほんとおっしゃる通り!
それで気が付いたのが挑戦する人を増やすだけでは不十分。その人材を活かすためにも組織として挑戦を支える仕組みを整えなければならないと思ったんですよね。

アカリ
なるほど、それで組織づくりを始められたんですね。

ハブチン
はい、そうです。まず始めたのは契約形態の見直しです。結局、納品型の契約だと、研修したらそこで一度関係が切れてしまうんですね。

アカリ
その後は立ち会えないですよね。

ハブチン
そうなんです。結局、人材サービスでやってきたことって組織づくりのスタート地点でしか立ち会えなかったんだなということが見える化できたんです。

アカリ
それはどういうことですか?

ハブチン
例えば採用も研修も制度もそうですが、人は入社してからが大事だし、研修は後にどう生かされるかが大事だし、制度はどう運用されるが大事ですよね。でも僕たちはそのスタート地点しか立ち会えていなかった。

アカリ
確かにどれだけいい制度を作っても、運用されてないと意味ないですからね。

ハブチン
もっというと、企業や社員からみれば、採用も研修も評価制度もみんな繋がってますよね。

アカリ
確かに全部つながってますね。

ハブチン
でもパートナー目線でいうと、採用だったら人材紹介会社、研修なら研修会社、制度なら制度コンサルみたいに、全部サービスで分かれて、そこがどういう状況かわからないまま協力しなければなりません。

アカリ
それはもったいないですよね。

ハブチン
だから、機能や役割ごとに分けずに、組織の中に入って一緒に活動するほうがいいと思ったんですよね。

アカリ
確かにそれはよさそうですが、採用も研修も制度もわかるスーパー人事パーソンなんてオムスビにいるんですか?

ハブチン
もちろんいないです。だからチームを作って一社に対して複数人で対応することにしました。

アカリ
一つの役割を複数人で担うんですね。

ハブチン
はい、状況に応じてチームメンバーが変わります。そうやって伴走型の組織の見える化事業のrebornが生まれてきました。

アカリ
背景がよくわかりました。

ハブチン
まぁ、結果的に人事部からは相談が来なくなるってオチなんですけどね(笑)でも自分たちが価値が発揮できる方が大切だと思っています。

Posted by:橋本 絢

東京都小金井市在住。神戸大学農学部卒業後、株式会社TISに入社。システム開発のプロジェクトマネージャーなどを歴任。一念発起して2014年7月にパン屋として独立、子供の頃からの夢を叶える。幸せのパン屋を仕組み化し、捨てないパン、サブスクによる安定収入を実現。パラレルキャリアとして、ベンチャー企業のシステム導入および開発に関わる。オムスビは、2019年6月から参画。 特技:写真、料理、コーチング、会議のファシリテーション、易占い