2019年8月31日。

逗子の小さな映画館のなかで音楽ライブが開催されました。

僕の中で音楽ライブは、客席にいて音楽を聴いて楽しむものです。

でも今回は、出演する側でした。

2曲とフリートークで、だいたい15分くらいだったのですが、

その15分のために、どのくらい練習したでしょうか。

ラップ史を学び、いろんなヒップホップの音楽を聴き、

ライブにも行き、トラックもつくってもらい、

リリックを書いてはやり直し、スタジオで合わせて練習し、

スキマ時間は、トラックを聴きこんで、リリックを口ずさむ。

いや、仕事でワークショップのファシリテーションをしているときでも

こんなに練習しないですよ。

何時間もファシリテーションをしていても緊張しませんが、

音楽ライブはずっとそわそわしていました。

表現することって、ほんとに一瞬かもしれませんが、

でもその一瞬に、言葉では伝えきれないものを詰め込んでいます。

表現するひとって、多くは語らない人が多い。

確かに言葉で伝わるなら、言葉で伝えちゃった方がはやい。

言葉で伝えられないものになんかあるのでしょう。

スチャダラパーさんのサマージャム’95を唄ったときのこと。

いわゆるコピーですよね。

なんとかリリックを完コピして臨んだんですが、

劣化版のコピーにしかならなかった。

唄っている方は気持ちいいよ、

でも聴いてる方はカラオケ感ハンパなかったと思います

(ホントすみません)

そこで気づいたのは、表現はコピーできる部分とコピーできない部分があるってこと。

コピーできない部分は、例えばアーティストの雰囲気だったりするんだけど、

そのコピーできない部分の方にこそ、表現があるんだと改めてコピーしてわかりました。

これから3年間、おれの真似をしな。自分の意見を捨てて、くもりなき眼で世界を観ること。それを3年間続けて、どうしても真似できないと思ったところが、君の個性ということになるから。『自分を捨てる仕事術』p.6

今日もオムスビに来ていただいてありがとうございます。

コピーできるところはコピーしまくって、コピーできないところで勝負できるか。

Posted by:ハブチン

1986年大阪府生まれ。2008年パソナキャリア入社。転職者のキャリア支援業務、自社の新卒採用業務、新規事業立ち上げに従事しつつ、アイデアを短時間で具現化する「アイデアソン・ハッカソン」のファシリテーターとしても活躍。2016年4月に独立し、リレーションシップデザインを軸とする株式会社オムスビを設立し、組織変革したい企業様向けの組織コンサルティングサービス『reborn』を提供している。 Omsubi Inc. Founder and CEO Akihiro is the Founder and CEO of Omsubi Inc. Born in Osaka Japan in 1986. Joined the Japanese recruitment agency named Pasona Career. Designed his new career as a facilitator of "Ideason" and "Hackason" who embodies ideas in a short time, while engaged in career support of job changers, recruiting new staffs and launching new business in the company. After left Pasona Career, founded a relationship design company named Omsubi Inc. in April of 2016. Providing the organizational innovation service "reborn" for companies wanting to change the organization.