糖質制限中は外食に困りがち。

糖質制限をしていると、外食がいかに糖質が多いかがわかります。ハンバーガーのバンズやフライドポテトや清涼飲料水には糖質が多く含まれているし、スタバのフラペチーノの糖質量も恐ろしいです。駅そばもうどんや蕎麦も糖質。カジュアルに手に入る食材はだいたい糖質多めです。

なぜ糖質が多いかというと、小麦やジャガイモや米などは原価が安いからです。よくある定食屋のご飯大盛りサービスも、原価が安いから成立するわけで、おかず大盛りは聞いたことないですよね。糖質制限中はおかずだけでお腹を充たすので、エンゲル係数が高くなりがちです。

結果、糖質制限中の方は自炊したり、外でもマイ弁当を持参する方が多い傾向にあります。ちなみに糖質制限中の方にオススメのコンビニは「ローソン」で、商品のオモテ面に糖質がどのくらい入っているか表記してくれており、低糖質な商品が多いので便利です。(多くの商品は裏側の栄養成分を見なければわかりません)

このように糖質制限中は、糖質がどのくらい入っているか見極めながら食事していかなければならず、見知らぬ土地に行くと、糖質制限のお店を選ぶのは割と面倒です。私は基本的に職住近接ではたらいているので、家で食事することが多いですが、それでも都内にいったときは外食しなければなりません。外食するときは、新橋で食事を取るようにしています。

読者のみなさんは、新橋にどのようなイメージを持っていらっしゃるでしょうか。よくSL広場で酔っ払ったサラリーマンが世の中について語っているので、「サラリーマンの飲屋街」という印象を持っている方が多いのではないでしょうか。割と糖質制限など気にしていないイメージを持っている方もいらっしゃると思います。

私も糖質制限前はそのような印象を持っていたのですが、糖質制限してからは新橋がいかに糖質制限がしやすい街だと気づきました。言ってしまえば、街がローソンみたいです。「新橋」の気軽に糖質制限できるお店をご紹介していきたいと思います。

新橋駅徒歩1分でいける糖質オフなお店

いきなりステーキ新橋店

糖質制限で大きな発見は、肉は糖質が低くカロリーを気にせず食べても大丈夫です。オススメは、「CABワイルドステーキ300g(1290円)」です。ただいくつか糖質制限用にカスタマイズする必要があって、まず付け合わせをブロッコリーに変更し、ペッパーペースト抜きます。サラダをおしんこ白菜漬に変更し、ライスを抜きます。糖質を4.6グラムまで減らすことができます。

リンガーハットTOKYO PREMIUM 新橋店

オススメは「プレミアム野菜たっぷり食べるスープ(800円)」です。麺がなくて「具」だけがたっぷり入っているのですが、野菜だけでなく、魚介類や豚も入っていて食後の満足感があります。炭水化物(≒糖質)は32.8gで、食・楽・健康協会が推奨している1食で摂取する糖質量を40g以内になっています。

プロント イル バール 並木ハイボール店

サラリーマンの飲屋街だけあって、銀座・新橋エリアにはハイボール専門店が5件以上あります。普通の居酒屋にあるハイボールは角ハイやトリスですが、本来ハイボールはウィスキーの銘柄によって味わいが変わる嗜好品です。専門店にいくことでいろんな種類のハイボールが飲めるのでオススメです。

構造化のメガネをかけると、世の中の景色が変わる。

いかがでしょう。構造化することによって新橋がヘルシーな街に見えてきませんか。構造化はメガネみたいなものです。構造化していくことで、ぼんやりと感覚的にとらえていたものが、クリアに世の中を捉えられることができます。構造化メガネをかけることにより、人と異なる視点から企画できたり、成果がラクに出やすくなります。

一方で気をつけなければならないのが、構造化メガネをかけ間違えると周りが歪んで見えてしまいます。顕微鏡で富士山でみにくいし、望遠鏡で虫がみれないように、何を見たいかによって、使うレンズを変えていかなければなりません。もっというと、自分は裸眼ではなく、常識や先入観というメガネを知らず知らずにかけて暮らしていることにも気づくことが必要です。

実際、組織に問題が起きているときは、たいがい自己や他者を正しく認識することができていないメンバーがトラブルの原因になっている場合が多いです。僕たちがクライアントにピッタリ合ったメガネを紹介することにより、自分で組織がよくなっていく体験を提供しています。言うなれば「構造化のメガネ屋さん」でしょうか。

これからも構造化のメガネをかけた後の景色を、少しずつご紹介していきたいと思います。

Posted by:ハブチン

1986年大阪府生まれ。2008年パソナキャリア入社。転職者のキャリア支援業務、自社の新卒採用業務、新規事業立ち上げに従事しつつ、アイデアを短時間で具現化する「アイデアソン・ハッカソン」のファシリテーターとしても活躍。2016年4月に独立し、リレーションシップデザインを軸とする株式会社オムスビを設立し、組織変革したい企業様向けの組織コンサルティングサービス『reborn』を提供している。 Omsubi Inc. Founder and CEO Akihiro is the Founder and CEO of Omsubi Inc. Born in Osaka Japan in 1986. Joined the Japanese recruitment agency named Pasona Career. Designed his new career as a facilitator of "Ideason" and "Hackason" who embodies ideas in a short time, while engaged in career support of job changers, recruiting new staffs and launching new business in the company. After left Pasona Career, founded a relationship design company named Omsubi Inc. in April of 2016. Providing the organizational innovation service "reborn" for companies wanting to change the organization.